読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんす。の旅。

野球一筋20年。ユニホームを脱いだ次はバックパックを背負い旅に出ます。

ボリビアの地方都市滞在記 の巻

 

 

みなさんこんばんわ

よんす。です

 

 

リアルタイムは21日 夜11時

無事にペルーのクスコに到着しました

 

この町に来た目的はひとつといっても過言ではありません

それは

インカ帝国の要塞都市

マチュピチュ

なのです

 

早速明日行ってきます

休む暇が無いのです

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

ブログランキングに参加しています

応援クリックよろしくお願いします

 

 

それでは今日の記事です。

 

 

 

デスロードを終えた僕とケリーとティムは

ラパスに戻らずそのままコロイコという完全に山の上にある町に滞在することにします

 

 

コロイコ?どこやねん??って感じでしたけど

特に予定もなかったし

この二人といると英語の練習になるのでついていくことにしました

 

 

どうやらこの二人がコロイコに来た目的はトレッキング。

 

前にも書いたと思いますが僕基本的にトレッキング好きじゃないんですね笑

っていうか何が楽しいの?レベルです笑

 

でも今回コロイコをトレッキングして

その楽しさが分かったというか

楽しみ方を知ったというか

自分の中に新たな1ページを刻めました

 

 

 

コロイコはガチの山の上にあり

全ての道は山道

ですが景色はどこも絶景。

そんなところなのです

 

 

一応目的地は三つある滝でしたけど

トレッキングってその道中を楽しむんですよね

 

途中ふいに現れる景色だったり

歩きながら色んな話ができたり

音楽かけて歌いながら歩いたり

 

 

「自然と結びつく時間」

 

とでもいうのでしょうか

 

 

確かにかなりしんどいんですけど

めっちゃ大切な時間というか

いろいろ考えれたり、発見出来たり

 

 

歩いている時間ってすごい、良い時間なんですね

それが自然の中なら尚更。

 

 

またしてもこの二人から楽しみ方を学べました。

 

自然を愛する欧米人の文化

 

リスペークト!!!

 

 

滝を見終えて最後に訪れたのが

プライベートのコーヒー農園。

 

コーヒー農園はメデジンでも行きましたが

ここは完全なるプライベート。

 

客も僕たち三人だけなので

 

アンデス山脈の話や

ボリビアの話

コカやコーヒーの栽培の話

のーんびり色んな話を聞けました

 

なによりこの農園の主人との出会いが一番素晴らしかったです

 

この日出会ったにも関わらず、すごい親切にしてくれて

コーヒーの収穫もさせてもらえて

採れたて挽きたて淹れたてのコーヒーまで振舞ってくれて

 

まさに旅ならではの経験をすることが出来ました

 

 

こういう経験が出来たのもスペイン語が話せるケリーがいたからこそ

 

改めて言葉の大切さと

それ以上にコミュニケ―ションの大切さを身に染みて学びました。

 

 

結局コロイコには二泊して

夜は三人でいろんな話をしました。

 

 

何度

あー

もっと英語がうまく話せたらもっといろんな話が出来たのに。

 って思ったか。

 

この出来ないもどかしさが人を成長させてくれるんですよねきっと。

 

 

 

ラパスに戻り

ティムとケリーに別れを告げます。

っていってもこの後またコパカバーナって町で再会しますが笑

 

 

二人はそのままコパカバーナに向かい

僕はラパスにもう一泊することにします

 

理由は

「日本食レストランにもう一回行きたいから笑」

 

 

しっかり日本食をお腹いっぱい食べて

次の日僕もコパカバーナに向かいます

 

 

 

 

コパカバーナチチカカ湖という湖に囲まれた島で

ペルーとボリビアにまたがっています

 

チチカカ湖も旅人には有名な湖でボリビアの目的のひとつにもなる場所なのです

 

 

コパカバーナまではバスで4時間

途中バスごと湖を渡ったりしてすぐに到着。

 

二人が滞在しているホステルへ向かいます。

 

 

僕がチェックインしよう思っているとチェックアウトしているティムに会います

 

 

どうやらティムはこの日アレキパという町へ向かい

そのままリマ、そしてオランダに帰るらしいです。

 

 

お別れです。

 

結局ティムとはかなり短い時間しか一緒にいませんでしたが

ティムの旅のワンシーンに加われたことをすごく嬉しく思いますし

普通にしていたら知り合うことは無かったでしょう。

 

すごい気さくでそれでいて気遣いの出来る男。

ジョークも面白いし

こういう男になりたい。

そう思わせられた男です。

 

もう一言一言がすーごいかっこいいんですよ

博識で。

 

 

ゆうき!!ヨーロッパに入ったら絶対オランダに来いよ!

って言ってくれて

 

オランダは行く予定が無かったのですが

行先に追加したことはいうまでもありません。

 

 

 

出会った人の人生に影響を与える。

僕もそんな男になりたいと思います。

 

 

ティムとの再会までにもっともっと英語勉強して

色んな話が出来るようになっていたいと思います。

 

 

最後に写真展で本日のブログを〆ます。

 

f:id:lee444soo333:20170522124513j:plain

 

ハイキング途中の景色。

多分こうゆうのを楽しむためのハイキングなんですよね

 

f:id:lee444soo333:20170522124653j:plain

一つ目の滝

滝と呼んでいいのかどうかは謎。

 

f:id:lee444soo333:20170522125233j:plain

二つ目の滝

こっちは割と立派

ただ水が死ぬほど冷たい。

にもかかわらずティムは滝つぼにひたすら飛び込んでた

俺もそんな35歳を目指す。

 

 

 

f:id:lee444soo333:20170522124743j:plain

話は飛んで収穫したてのコーヒーの実

 

f:id:lee444soo333:20170522125013j:plain

それをこの皮むき器で皮を剥く

自転車の要領でこいだら前のやつが回転する仕組み。

普通におもしろい

 

f:id:lee444soo333:20170522124915j:plain

これが剥きたてほやほやのコーヒーの実

ねばねばしてる

 

f:id:lee444soo333:20170522125040j:plain

それを天日干し

1~2時間に一回はチェックするそうです

 

f:id:lee444soo333:20170522125234j:plain

コーヒー豆を煎る主人。

コーヒー豆に自分の名前いれちゃうほどの器。

ちなみに歯が3本ほどなかった

 

っていうかこの人だけじゃなくて

ボリビアの男性はもれなく歯が無い人ばっかり

もしくはきったない金歯みたいなの入れてる人か

これまじで

 

 

f:id:lee444soo333:20170522125018j:plain

更に話は飛び

チチカカ湖

もはや海。琵琶湖が鼻クソに思えてくる

滋賀県出身の人ごめんなさい)

 

f:id:lee444soo333:20170522125225j:plain

サンセット

美しい以外の言葉は不要

 

f:id:lee444soo333:20170522125426j:plain

昼間の雰囲気

完全に海そのもの

 

f:id:lee444soo333:20170522125210j:plain

サンセットPer2

美しい。

 

 

 

 

以上です

 

 

ちなみに韓国籍の僕はブラジルビザが不要な代わりにボリビアに入るのにビザが

必要です。

大使館で取れるのですがかなり面倒だったので

アライバルビザをとりました

その際100ドルとかなりの値段だったのですが

ウユニ、デスロード、コパカバーナ

と100ドルの価値が十分あったように思います

 

ってゆうか面倒でも事前にビザ取っとけよって話ですけどね笑

 

さて

ボリビア編は今日でおしまいです

 

 

あとはマチュピチュ行って中米です

 

バックパッカーは主にメキシコかキューバぐらいしか行かないのですが

僕は

パナマ

コスタリカ

グアテマラ

ニカラグア

ホンジュラス

メキシコ

キューバ

ハイチ

ドミニカ共和国

プエルトリコ

とかなりの国を回るつもりです

 

そのおかげでヨーロッパはほとんどカットとなるでしょう笑

 

でもヨーロッパは歳取ってから行くと思うので

若いうちにカリブ諸国を攻めとこうと思った次第です

 

これからも応援よろしくお願いします!!!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます

また最後にクリックをしていただけると次回への励みになります

別サイトへとジャンプしますがワンクリック詐欺などではございませんし

クリックしていただいた方に金銭的負担がかかるようなこともございません。

僕の単なる自己満です笑


SNSのシェアやコメントは大歓迎です

またこのブログのご意見ご感想は随時受け付けております

lee444soo@gmail.com

までいつでもメールください

 

 前回の記事のアクセス数が久しぶりに200を超えました

とっても嬉しいです笑

 

この調子であなたとぼくの二人三脚で頑張っていきましょうね!!

 

 

それじゃまた

 

 

よんす。

恐怖のDEATH ROAD の巻

 

 

 

みなさんこんばんわ

よんす。です

 

ご心配をおかけしました。。

僕は無事です。

 

ごすがしょうもないブログを書いたみたいでその点も申し訳ないです!!

 

 

なんてことはありません

単に帰りのバスに乗りそびれただけでございます笑

 

 

 

っていうかすいません全部嘘です笑

普通に無事です笑

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

気を取り直してクリックで僕を戒めてください笑

 

 

 

リアルタイムは20日夕方5時

ラパスから移動して

コパカバーナというチチカカ湖に囲まれた町にいます。

 

今日これからペルー クスコに夜行バスで向かいます

 

南米旅最後の国 ペルー。最後まで気を緩めずに行きますので

みなさんもブログを通して一緒に旅しましょう

 

 

 

 

カミュージアムを見学し終えて

僕たちはデスロードのツアー会社に向かいました

 

セントロには多くのツアー会社があるのでデスロードに参加すること自体は難しくありません

 

 

事前にネットで情報収集をしたのですが

どれも

「Tシャツのデザインで決めた」

とかであんまり参考にならず。

 

 

店員の好みで決めたりする僕が言えることちゃいますけどね笑

 

 

ツアー会社を回っているときにも欧米人との文化の違いというか

感覚の違いを感じることがありました

 

 

デスロードをするにあたって

ケリーが一番重要視していたのは「安全性」

ティムが重要視していたのは「スピード」と「少人数で出来るか」どうか

 

二人ともしっかり自分のポイントがあって

妥協せずに何軒もツアー会社を回ります。

こういう姿ってなかなか日本人、韓国人には見受けられないんじゃないかなって思います

 

どこかで自己犠牲というか我慢したらいいかって

妥協したらいいかって精神が働いちゃうんじゃないでしょうか

 

っていうかやっぱり英語が話せたらどこの国、大陸にいても

集めれる情報の数が違うんですよね

 

だからコカミュージアムみたいなメジャーじゃないところ行けたり

行ったらそこの情報を集めれたり。

 

 

 

ちなみに僕が重要視していたのは「コスト」

 

だって山道を自転車で降りるだけなのに何千円も払うのどうかなって思ってたんです

しかも一人やし。

 

 

でもティムが

「一緒にやろうぜブラザー!絶対楽しいぜ!!」

って誘ってくるもんだから

まーみんなで参加するなら楽しいか

って思って参加することにしました。

 

 

 

 

3人の重要ポイントを満たしている会社に出会うまで1時間は探し回ったでしょうか

ようやく折り合いが付き申し込むことに。

 

申し込みの時に同意書みたいなのにサインをします。

万が一死んでも文句言いません的な内容。

 

 

こっち系の命の危険系の同意書にサインしたのは

ハワイのスカイダイビング以来で

少しビビりました。

 

 

そうです

僕ビビりなのです笑

 

 

 

 

そしてデスロード当日。

参加メンバーを乗せたバンは1時間ほど山道を登ります

 

 

f:id:lee444soo333:20170520124749j:plain

スタート地点

もういちいち綺麗。

 

 

f:id:lee444soo333:20170520124924j:plain

 

ここで注意事項の説明。

左から2番目がティムです。周りのメンバーが深刻に聞いてたのに対して

終始ふざけてました笑

 

ここでは

基本後輪ブレーキだけを使うように

とか

ハンドルの持ち方とか

姿勢とか

レクチャーを受けます。

 

そして

やれ

3か月前に参加した女性が前輪ブレーキを強く握ってしまったばっかりに

後輪が持ち上がりそのまま転倒して

気づけばベッドの上

しかも記憶がコロンビアに戻って

前歯を全部失った

とか

ある男性がスピードを求めたばっかりに操作を誤り

膝の骨を折り3週間入院した

とか

さんざんビビらせてくるような話をしてきます

 

 

確かに

実際に死者も多く出ているこのデスロード。

決して他人事ではないのです。

 

ってゆうか死ぬ危険性があるのになんでわざわざお金払ってするねんって話ですけどね

 

欧米人ってこうゆうスリリング系のアトラクション大好きですよね

 

 

そして注意事項の説明が一通り終わり

安全祈願の儀式

 

f:id:lee444soo333:20170520125906j:plain

 

なんか名前言ってたの忘れたんですけど

多分古代のアンデスの神に祈る的なやつです

 

アルコールを地面とタイヤにかけて最後に一口飲む。

 

 

またこのアルコールが69度の代物で

確実に飲む為に作られたものではないのです

 

 

f:id:lee444soo333:20170520125821j:plain

僕の番

 

どうかパンクしませんように。。。

パンクなんてしようものなら確実にあの世行きなのです。

 

そしてクイっと飲む。

 

 

f:id:lee444soo333:20170520125909j:plain

 

クーーーーーーーーー!!!

 

朝一の体に69度が染み渡ります

まずい笑

 

みんな顔をしかめてました。

 

 

f:id:lee444soo333:20170520125042j:plain

 

こんな道をひたすら駆け下りるだけ。

 

 

 

いざ出発。

 

 

 

 

スタートしてしばらくは慣れるためにアスファルトの道を降ります。

これが気持ちいいのなんの。

 

絶景の中を自転車で駆け下りるのがこんなに気持ちよかったなんて

帰国してからの趣味に加えることを決めました!!

 

そしてしばらく降りていると天気が怪しくなってきます

 

 

っていうか悪天候です

 

雨、霧、風

 

 

うわー

まじかー

って思ってたところにいよいよデスロード開始です

 

f:id:lee444soo333:20170521052258j:plain

 

出発する時

「レッツゴー!」じゃなくて「グッドラック」って言われましたからね

しかも真顔で。

 

 

道はアスファルトから砂利道、ドロドロ道、岩だらけに変わり

かなり細くなります

 

そしてすぐ隣には崖。

落ちたら確実死。

 

緊張感が高まります

みんなの顔から笑顔が消えていきます

 

 

 

スタート。

 

 

 

なかなかのデスロードっぷり

ブレーキも強く握りすぎると自転車が暴れ出すため操作が難しい。

 

 

f:id:lee444soo333:20170521051815j:plain

伝わりますか?

まじで命の保証なんてないのです

 

 

ひたすらこんな道を下ります。

 

 

ブレーキしっぱなしもカッコ悪いし

コケるとか絶対いややし

微妙な感情の狭間で駆け下ります。

 

 

 

しばらく死との対戦が続き

ようやく天気が回復してきます

 

f:id:lee444soo333:20170521053204j:plain

景色はほんとに最高!!

 

 

そして無事にゴール

 

 

なぜか最後は急激な登り坂でしたけど。。。

 

 

ゴールしたところでお昼ご飯を食べて

プールもあったのでプールサイドで完走を祝してビールで乾杯!!

 

そしてプールで水球大会が始まります

しかもみんな結構ガチ。

 

こういう文化ほんと良いね。

常にその場その場をベストに楽しむ文化。

 

 

 

ガチで死にかけたデスロードでしたけど

デスロードはもちろんですけど

自転車に乗っていない時間を楽しく過ごせたような気がします

 

 

 

デスロードメンバーはこのあとバンでラパスに戻りましたが

僕はケリーとティムの三人で近くの町

「コロイコ」に滞在することにしました。

 

 

 

デスロードここに走破。

 

でも二度はやらない。

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます

また最後にクリックをしていただけると次回への励みになります

別サイトへとジャンプしますがワンクリック詐欺などではございませんし

クリックしていただいた方に金銭的負担がかかるようなこともございません。

僕の単なる自己満です笑


SNSのシェアやコメントは大歓迎です

またこのブログのご意見ご感想は随時受け付けております

lee444soo@gmail.com

までいつでもメールください

 

 

 

 

さていよいよ南米ラスト ペルー クスコ

 

体調に気をつけて旅していきます

 

 

 

それじゃ

 

 

よんす。

 

 

再会 そして の巻

 

 

みなさんこんばんわ

 

リアルタイムは19日夜11時です

 

今日はひとつ残念なお知らせがあります

 

みなさんの支えで旅を続けていた よんす。ですが

デスロードに挑戦したきり帰ってきません

 

トラベルエージェントいわく

「恐らく彼はデスロードの餌食になった・・・」

 

受け入れ難い現実ではありますが

これからは兄よんすに代わって

弟の ごす が旅をしてブログを続けていこうと思います

どうぞよろしく

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

僕はまだ諦めていません

 

よんす。の無事を願いクリックお願いします。

 

 

さて

 

 

無事にウユニからの移動を終え

ボリビア ラパスに到着。

ちなみにラパスじゃなくて ラ パス です

ラ ってスペイン語の冠詞です 地名じゃないからね

 

ウユニからの夜行バスは予定では7時にラパス到着だったのに

大幅上回るまさかの4時半着。。

 

 

全然早く着いていらん時に限って2時間半も早く着きやがって

 

こんな早朝に着かれても動けないのです。

 

7時に着いてそのままホステル行こうと思ってたのに

真っ暗の中歩くのは少し危ないのです。

 

 

なのでターミナルで待つことに。

 

 

 

 

ですがラパスのバスターミナル。

寒い。

標高が高い上に建物が完全では無いのですんごく寒い。

 

7時まで待つ予定でしたけどこのままだと死んじゃいそうな勢いなので

5時半にホステルに向かうことに。

まだ真っ暗ですけど寒くて死ぬよりはマシかなと。

 

 

何事もなくホステルに着いてチェックインを済ませ少し仮眠をとります。

 

 

 

この日は日曜日

 

南米の日曜日と言えばほぼすべてのお店が閉まっており

そのため外出する人が少なく

当然警察もいない

けどホームレスとか悪い人はウロウロしている

 

いわば外出してはいけない曜日なのです

 

 

ですがここラパスは日曜日と木曜日にしか開催されないイベントがあるのです

 

 

そのひとつ

その名も「泥棒市場」

ラパスは山に囲まれた町で

日曜と木曜にその山の上でマーケットが開催されるのです

 

なんで泥棒市場と呼ぶかというと

このマーケットに並ぶ様々な商品の多くがなんと

盗まれたもの。

 

盗んだものを平然と売り

しかも集まりに集まって泥棒市と呼ばれるまでに成長した場所。

 

学生時代盗賊と呼ばれた僕からしてみると

もう行かないわけにはいかない場所なのです

 

 

早速行ってみることに。

 

山の上にあるということでケーブルカーを使っていきます。

ケーブルカー??

なんか懐かしい気が

 

そうコロンビア メデジンと同じくケーブルカーが庶民の足となっているのです

 

ラパスはメデジンをモデルにしたらしく

もちろん失敗するはず無くラパスはどんどん発展していってます。

 

 

泥棒市に着いてみるとあらびっくり

とっても多くの人と多くのお店で賑わっています

 

 

f:id:lee444soo333:20170520112835j:plain

 

泥棒市と呼ばれるにふさわしく売っているものは実に様々

ネジから

バスタブから

なんでもあります

 

これ買う人おるの?ってものまで置いてます

 

ちなみにガチ泥棒もこの泥棒市にはウロウロしているらしいので

訪れる予定の方は是非周囲にはお気をつけて

 

 

f:id:lee444soo333:20170520112900j:plain

泥棒市からのラパスの景色。

山の斜面には家がびっしり

ここも貧困層は山の斜面に住んでいます

 

 

 

そしてもうひとつのイベント

その名も「おばさんプロレス」

これはかなり有名なイベント

 

インディヘナのかっこをしたおばちゃんがプロレスをするのです

 

しかもかなりのエンターテイメント性らしく

非常に見たかったのですが残念ながらチケットが売り切れとのことで断念。

 

売り切れとかあるんかな?って話と

探したらダフ屋もいたと思うんですけど

なんせ泥棒市を歩き回ったのでかなり疲れたので

宿に戻って少し休むことにしました。

 

 

そして夜。

密かに楽しみにしていたこと

なんとラパスには日本食レストランがあるのです

 

早速行ってみることに

 

f:id:lee444soo333:20170520112822j:plain

日本食レストラン「けんちゃん」

なかなか良い店構え

 

ですが圧倒的に日本と違うことが

それは

店内にいかつい銃を持った警備員がいること。

仕方ないことですけどなぜか少し虚しく。

 

f:id:lee444soo333:20170520113158j:plain

 

まずはビールを注文。

ここはおしぼりまで出てくる徹底ぶり。

ワンピース読みながらビール。

嬉しすぎて涙出そうになりました。

 

 

f:id:lee444soo333:20170520113139j:plain

 

注文したのは焼肉定食。

 

味は

お肉は残念ながら少し硬かったですけど久しぶりのタレに箸が進みます

 

標高が高いラパスにおいてごはんもしっかり炊けてました

そしてなにより一番おいしかったのが味噌汁。

これはまじで美味しかった。

何気に小鉢も美味しかったしかなり満足のいく内容でした

 

ラパスの物価から考えると少し値段が高いですけど

結構繁盛してましたし

納得のクオリティーでした

 

久しぶりの日本食でお腹も心も満たされたこの日は久しぶりにぐっすり眠った気がします。

 

 

次の日

目を覚ますと1通のメールが

 

「ハイ!ゆうき!!

 無事にラパスに着いた?

 今日は何するの?

 私たちはコカミュージアムに行こうと思ってるけど一緒にどう?

 メールちょうだいね

 ケリー」

 

ケリーからのメールでした。

 

特に予定が無かったので合流することに。

 

 

待ち合わせ場所に行くとケリーと

イングランド出身のティムと

チリ出身のカーラもいました

 

早速4人でコカミュージアムへ。

 

 

カミュージアムはセントロにありこじんまりした建物。

恐らく一人やったら確実に来なかった場所。

 

ボリビアアンデス山脈におけるコカの葉の歴史と

コカの葉がいかにして神聖なものとなっていったか

そして使用用途がコカインへと変わっていった背景

などなど

非常に興味深いことが学べます。

 

 

ケリーもティムもカーラも真剣な表情で

展示を眺めたり

説明文を読んだりしています。

 

 

この時感じたのは

南米には欧米からのバックパッカーも非常に多いのですが

彼らはバカンスはもちろんですが

学びの面が非常に貪欲。

 

 

単に旅してるだけじゃなくて

訪れた国、場所についてきちんと理解を深め学んでいる

こういう姿は純粋に見習いたいと思います。

 

 

 

カミュージアムの後はみんなで夜景を見に再びケーブルカーで山頂へ

 

f:id:lee444soo333:20170520112759j:plain

 

オーストラリア人カップルも加わりかなりグローバル笑

 

 

このメンバーでデスロードに参加することも決まり

今日は解散

 

 

 

デスロードについては次回の記事で

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます

また最後にクリックをしていただけると次回への励みになります

別サイトへとジャンプしますがワンクリック詐欺などではございませんし

クリックしていただいた方に金銭的負担がかかるようなこともございません。

僕の単なる自己満です笑


SNSのシェアやコメントは大歓迎です

またこのブログのご意見ご感想は随時受け付けております

lee444soo@gmail.com

までいつでもメールください

 

 

それではまた

 

ごす。

 

 

ウユニって町 の巻

 

 

 

みなさんこんばんわ。

久しぶりに日本食レストランに行ってきました

よんす。です

 

 

リアルタイムは15日夜11時

ボリビアのラパスという町にいます

 

ラパスには旅人の間で有名な日本食レストランがあるのですが

早速いってきました笑

 

詳しくは後日のブログで!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

ブログランキングに参加しています

お時間は取らせません

ポチっとワンクリックよろしくお願いします。

 

 

 

今日はウユニという町のお話です

 

 

ウユニ塩湖があるからウユニやろ?と思うかもしれませんが

ウユニに塩湖があるからウユニ塩湖なんですよ

 

どうでもいいか

 

 

多分っていうか

ほぼ100%の人がウユニ塩湖を目的にウユニに訪れると思います

 

ウユニという町を目的に来てついでにウユニ塩湖に行ったよ

なんて人がいたら僕はその人とは多分仲良くなれません

 

聞いてないか

 

 

僕も例に外れることなくウユニ塩湖の為にウユニに来たので

ウユニに一切興味なかったのですが

散歩してみるとこれがなかなか癖があるというか

今まで訪れたことのないタイプの町だったので

こうして記事にしようと思った次第でございます。

 

 

 

ウユニに来たことがある人は知ってると思いますが

みなさんウユニってどんな町かご存知ですか?

 

f:id:lee444soo333:20170515112602j:plain

 

こんな町。

ちょっと歩くとガチの北斗の拳みたいな荒野。

 

f:id:lee444soo333:20170515113826j:plain

 

もうどこからどこが外と中の境界線なのか。

 

一枚目の写真に写っている像みたいなやつはどうやらボリビア?鉄が有名みたいです

 

それにしてもこの写真に写ってる銅像みたいなん

ハリーポッターの不死鳥の騎士団で

ハリーが結成したダンブルドア軍団が呪文を練習する時に使うやつにそっくりです

よく見たら杖みたいなの持ってたし。

 

 

 

それとこの町。

ご飯が非常においしく無いのです。

 

 

f:id:lee444soo333:20170515114153j:plain

BBQスタイル

鳥と

なんとあのリャマが主食。。。

 

アタカマからのツアーでリャマをたくさん見た後なので少し複雑な気持ち。

 かなりの標高なので牛と豚よりリャマの方が多いのは仕方ないのですが

 

 

f:id:lee444soo333:20170515114404j:plain

 

実際に頼んでみるとこんな感じでワンプレートに乗ってきます。

これで300円ぐらい

お肉は美味しいんですけどなんせ米がひどい

 

これまた標高がとんでもなく高いのでご飯がうまく炊けないらしいです。

 

 

 

f:id:lee444soo333:20170515114722j:plain

 

リャマ。。。

謹んで頂きます。

 

それにしてもこいつかっこええな

 

 

癖のあるリャマ肉で腹ごしらえした後は町の散歩。

見つけたちょっとした遊ぶところ

 

 

f:id:lee444soo333:20170515115003j:plain

 

よっぽど娯楽が無いんですね

ひたすらこの往年のサッカーゲーム

 

 

f:id:lee444soo333:20170515115236j:plain

 

そして

ひたすら回り続ける芋虫にまたがる大はしゃぎの子供。

もし日本にあったら即産業廃棄物処理場行きと思われるこのコースターですら

子供たちはとてつもなく大はしゃぎでした

 

すぐそこにいるお母さんに一生懸命手を振る姿は

なんだか虚しいような切ないような。。。

 

USJとか連れてったらどんな反応するんやろ。

 

ちなみに左にうっすら見えるアベンジャーズは確実にMARVER非公認。

 

 

f:id:lee444soo333:20170515115251j:plain

 

サッカーゲームに飽きた人が次にするのがこの射的。

 

もう虚しくて言葉が出ません。

景品もなけりゃ的ももはや的ではない。

 

 

 

しかもウユニの人たちは基本的に愛想が良くないです。

 

最初は

「なんだこのふてこいやつら!」

と思っていましたが

日を重ねるにつれ

「ひょっとしてとてつもなくシャイなのか?」

と思うようになり

最終的に出た結論が

ここは基本寒い町だからみんなあんまり余計な事言ったり

余計な行動とらんねやろうな

でした。

 

同じ南米とは思えないぐらい不愛想なウユニの人たちでした。

 

 

以上が僕が新月を捨ててまで早くウユニを脱出したい理由でした。

 

 

 

今日はこんな感じ。

たまにはいいよね。

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます

また最後にクリックをしていただけると次回への励みになります

別サイトへとジャンプしますがワンクリック詐欺などではございませんし

クリックしていただいた方に金銭的負担がかかるようなこともございません。

僕の単なる自己満です笑


SNSのシェアやコメントは大歓迎です

またこのブログのご意見ご感想は随時受け付けております

lee444soo@gmail.com

までいつでもメールください

 

 

 

明日はボリビアのもうひとつのハイライト

デスロード行ってきます。。

果たして生きて帰ってこれるのか

 

 

それじゃまた

 

旅最大の目的地 の巻

 

 

みなさんこんばんわ。

よんす。です

 

 

リアルタイムは14日夜10時

ウユニからのバス移動を終えてラパスにいます

 

ラパスを抜けるとペルー クスコに入りマチュピチュを目指します。

 

久しぶりに夜行バスでの移動ということで少し警戒度をあげてましたが

何事もなく

しかも安く快適に移動することができました

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

ここのところ毎日更新していますがアクセス数が一定数より伸びません。。

恐らく読んでいただく方が安定してきたのだと思いますが

僕としてはどんどん増やしていきたいので

どしどしシェアよろしくお願いします。

ポチッとクリックもお忘れなく!!

 

 

 

 

 

無事に2泊3日のツアーを終えてウユニに到着しホステルにチェックイン。

 

部屋は個室のツインベッドで50ボリ。

日本円にすると800円ぐらいです。

50ボリはシングルルームの値段でしたが満室だったのか

とってもラッキー!!

疲れもたまっていることだし今日はゆっくり休もうと思っていました。

 

チェックインの時にレセプションに日本人の方がいたので少しお話タイム

 

 

一人は僕と同じく今日着いたばかり。

もう一人は数日滞在しているもののあまりにも日本人がいないので

今日ウユニを出ようとしていたらしいです。

 

 

というのも

日本人が多くウユニに来るのは

1月から4月までの雨季&卒業シーズンなのです

鏡張りが大好きなのと春休みシーズンじゃないと日本からこれないからです

 

なので乾季&GW明けの現在はあまり日本人がいないのであります。

 

昨日までのツアーでウユニ塩湖を通った時に真っ白だったのを見て

鏡張りを諦めていた僕ですが

話を聞くとなんと今でも鏡張りが見れるというではありませんか!!!

 

しかもこの日のサンライズのツアーに空きがあるというのです。

 

 

ちなみにウユニ塩湖には

スターライト&サンライズツアーと

ワンデーツアーと

サンセットツアーがあります。

どのツアーも1台のランドクルーザーで行います

 

1台分を最大7人の人数で割ることになります

最大人数に達していないと一人頭の負担額が増すため

どのツアー会社の入り口にもその日行われるツアーのメンバー募集の紙が張り出されています。

 

グループは自分でも作れるし空いてるツアーがあればそこに参加することもできます

 

レインシーズンの時は7人なんてあっというまに集まるのですが

なんせ今は乾季。

7人集まらずキャンセルになるツアーも珍しくないのです。

 

 

 

こうなれば疲れているなどとは言ってられず早速メンバー募集の紙に名前を書き込みます。

お金を払ってあとは集合時間にツアー会社に行くだけ。

 

 

待ち時間のウキウキたるや

 

 

そして集合時間。ツアー会社前。

この日のメンバー

宿で出会った たかやくん

同じく しおりちゃん

コリアンその1

コリアンその2

台湾ガイ

の6人。

 

結局6人しか集まりませんでしたが追加の支払いは無し。

 

 

ラッキー!!!笑

 

 

それにしても見事なオールアジア。

 

 

 

ウユニといえば

インスタとかでよく見る鏡張りの中のトリックアートはかなり有名ですよね

f:id:lee444soo333:20170514042914j:plain

 

こうゆうやつ

ちなみに僕は最初のU担当です

 

f:id:lee444soo333:20170514042917j:plain

こんなの

 

あっ

ゆうきってゆうのは僕の日本名ね

 

みんなで協力し合いながら自分の名前をやったり

 

f:id:lee444soo333:20170514043106j:plain

こんな感じで自分がやりたいポーズをします。

 一応野球を笑

 

ですが

欧米人には協力し合ってこの写真を撮るほど思い入れはないらしく

しかもこの時期のウユニは極寒なので長時間写真のために寒い思いをするなんて理解不能らしく

この時期の欧米人の参加率はぐっと下がるらしいです

 

 

そんな理由でオールアジア。

 

 

利害が一致しているので写真は撮りやすいんですけどね

 

 

そしてこのツアー

何よりも重要なのがドライバーなのです。

ドライバーによっては良いポイントまでたどり着けなかったり

トリック写真を撮るスキルが低かったりと

充実度が大きく変わってくるのです。

 

気になるこの日のドライバーは

 

ビクター。

 

僕は全然知らなかったのですが

コリアンいわく

「韓国ではウユニに行ったらビクターを訪ねろ!」と

軽い伝説になってるらしいです。

 

なんと頼もしい言葉。

 

 

ランドクルーザーは出発し

まずは真っ白の世界での写真撮影が始まります

 

 

f:id:lee444soo333:20170514043941j:plain

大好きな一枚。VS悟空

どうですかこの天界一武道会的なショット

 

f:id:lee444soo333:20170514044139j:plain

特にトリック要素はないベジータのソロ。

惑星ベジータはこんなんかなって思いながら撮りました。

 

 

f:id:lee444soo333:20170514044247j:plain

最高のトリック写真を撮るために体を張るビクター。

塩まみれになりながらポジションを探す姿には心を打たれます。

 

プロフェッショナルを通り越してアーティストです。

ちなみに悟空もベジータもビクターが用意してくれてました。

 

 

悟空との夢の共演を終え

次に向かうのはいよいよ鏡張り。

 

 

もう言葉は必要ないです。

写真で伝えます。

 

f:id:lee444soo333:20170514044920j:plain

f:id:lee444soo333:20170514044944j:plain

f:id:lee444soo333:20170514044953j:plain

f:id:lee444soo333:20170514044954j:plain

 

ほんとに夢にまで見た場所。

 

 

 

写真で何回も見た景色

実際に見る景色は何倍も綺麗です。

 

どこが地面で

どこが空なのか

 

まるで宇宙。

 

 

写真を撮っては、景色を眺め、

ひたすらそれを繰り返します。

 

本気で無限に眺めていられます。

 

旅の中で様々な絶景に出会ってきましたがぶっちぎりのトップ。

 

ここが

僕を世界一周に駆り出した場所ですし

世界一周をしたい気持ちを持ち続けれたのもこの景色のおかげです。

 

 

 

その後様々なトリック写真を撮影しこの日のツアーは終了。

 

最高に満足しました。

 

 

その後もせっかくウユニに来たのでスターライト&サンライズツアーにも参加してきました。

 

f:id:lee444soo333:20170514050159j:plain

 

すごーく撮りたかった一枚。

 

残念なことに最高の満月とうっすら曇りだったので満点の星空は見れませんでしたが

鏡張りの満月を見れたので満足です。

 

思えばアタカマ、イースター、ウユニと

星空には恵まれない僕の旅。

 

 

f:id:lee444soo333:20170514050238j:plain

 

朝焼け。

 

朝焼けはまじで感動。

僕が村上春樹並みに表現力があったらこのシーンもカッコよく表現できるんでしょうけど

美しい以外言葉が見当たりません。

 

 

朝三時に出発し、極寒の中待ったかいがありました。

 

 

大満足。。。

 

 

日程に余裕があるので新月までこの町に滞在することも出来ますが

なんせこの町死ぬほど面白くないので

さっさと次の目的地に向けて動こうと思います。

 

 

いやー

それにしても素晴らしかった。

 

 

いつかもう一度訪れたい場所です。

 

次は一人ではなく家族と笑

 

 

これは余談ですが

近年の観光客の増加によりウユニ塩湖が汚れていっているらしいです。

確かにタイヤの跡や泥など多く見受けられました。

仮にウユニ塩湖にゴミを捨てるとどこにも流れず永遠に残るそうです。

 

こうゆうのはほんと一人一人の心がけです。

 

このまま環境が悪くなっていくと

鏡張りも一面真っ白も見れなくなるかもしれません。

 

僕は絶対にそうなってほしくないし

なんやったら僕、子供にもこの景色を見せてあげたいので

これからウユニを訪れる方には十分気をつけてもらいたいと思います。

 

なんか写真撮るために花火したり

ここで鍋食べたりする人もいるらしいですけど

個人的には謹んでもらいたいと思います。

気持ちはすごい分かりますし

いやいやごみ出してないし!って言われるかもしれませんが

その行為をしている時点で確実に汚れているのです。

 

 

あなたも自分の家とか大切なところで花火されたり鍋パされたら嫌でしょ?

ごみ出してるとか出してないとかそういう問題じゃなくてね。

 

 

頑張ろう日本。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます

また最後にクリックをしていただけると次回への励みになります

別サイトへとジャンプしますがワンクリック詐欺などではございませんし

クリックしていただいた方に金銭的負担がかかるようなこともございません。

僕の単なる自己満です笑

 

またこのブログのご意見ご感想は随時受け付けております

lee444soo@gmail.com

までいつでもメールください

 

 

ウユニを終えた今日本に帰国してもいいかなって思ったんですけど

考えたら僕の旅半分も終わってないのでもう少し続けます笑

 

 

 

それでは次回の記事でお会いしましょう

 

よんす。

 

 

アタカマ発ボリビア抜けツアー 後編 の巻

 

 

みなさんこんばんわ。

よんす。です

 

 

リアルタイムは14日朝の6時

ウユニから夜行バスでラパスという町にきました

 

 久しぶりの夜行バスでしたがかなり快適でしたね

気温は確認した時2度でしたけど。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

更新の頻度がいい感じになってきました。

一気に上位狙っていきたいと思います

無事を願い応援クリックよろしくお願いします

 

 

 

ツアー最終日。

 

この日はサンライズを眺めるため5時に宿を出ます

標高が高いせいかこの日もあまり眠れず

どうやらケリーも眠れなかったようで

もうすごい疲労が顔に出てました。

 

アレクサンドロの体調も良くなく

出発してすぐに車内で嘔吐。

 

いろいろ限界に達しているようです

 

そらそうですよ

大人でも病院送りになるのに3歳にこのツアーは酷です。

フランスパパとマダガスカルママに対して本気で腹が立ちました。

 

 

真っ暗なので気が付かなかったのですが

どうやらすでにウユニ塩湖インしている模様!

辺り一面が真っ白なのであります!!

 

その中にあるIsla de pescado(魚の島)

f:id:lee444soo333:20170513014032j:plain

サンライズスポットらしく

既に多くの人が。

どの辺が魚なのかは良く分かりませんが。

 

あいにくの曇り空でしたが念願のウユニのサンライズを見れて感激。

そこで朝食をとり

しばらくウユニ塩湖をドライブします

 

 

あるポイントでペドロに下車を促され

予想していなかった写真撮影大会!

ウユニ塩湖は乾季と雨季でそれぞれ全く異なった景色を見せてくれるのですが

今の時期は乾季。

なので水は乾ききってこうゆう真っ白な世界を見せてくれます

 

 

言わずもがなですが塩湖なので白いのは雪じゃなくて塩ですからね

f:id:lee444soo333:20170513014444j:plain

 

もはや定番のトリック写真

f:id:lee444soo333:20170513015903j:plain

with ケリー ゴジラ

 

f:id:lee444soo333:20170513020133j:plain

写真だけでなく実際にも食べられたい。てへ

 

f:id:lee444soo333:20170513020430j:plain

WITH ゴジラ

タイマーで撮ったのでピントずれが残念。

 

f:id:lee444soo333:20170513020718j:plain

まーべたなやつ

 

f:id:lee444soo333:20170513020926j:plain

この写真だけは今でも理解不能

単なるマヌケ

 

ところでなんでケリーとのショットが多いのかというと

家族たちは完全に個人プレーしていたからです

ってゆうかアレクサンドロにこのトリック写真を理解してもらうのは難しく

すごいパブロが苦労していました。

 

こうゆうのは大勢でやったほうが楽しいんですけどね。。。

 

 

写真もそこそこに次の目的地へ

 

f:id:lee444soo333:20170513021406j:plain

有名な世界各国の旗があるところ

 

f:id:lee444soo333:20170513021812j:plain

まずは韓国から。

 

f:id:lee444soo333:20170513022628j:plain

続いて日本

 

日本の旗はひとつに対して

韓国はみっつもありました

 

素晴らしき国民性。

 

f:id:lee444soo333:20170513022640j:plain

おまけのケリーwith星条旗

 

世界各国様々な国旗がありますが

日本と韓国って群を抜いてダサい気がします笑

 

 

f:id:lee444soo333:20170513022418j:plain

ここが最終ポイント

通称 列車の墓場

 

もはや鉄くずとなった列車がごろごろ転がってます

鉄道が好きな人とかはこうゆうのたまらないんですかね?

 

そして写真を撮るのにも関わらず画面に居座り続けているこの後ろ姿がそう

マダガスカルママ。

 

うざ。

 

 

列車の墓場を終え

オフィスへと到着し別れの時。

 

家族たちはここからアタカマに引き返すというまさに苦行。

既にクタクタなのに加え

2泊かけて来た道を1泊で戻るという更に過酷なルート。

無事を祈りハグでお別れ。

 

ケリーはこの日スクレという町へ移動するとのことなので

ケリーともお別れ。

 

ラパスで再会しようねと約束。

 

そしてこの2泊3日の最大のヒーロー

パブロともお別れ。

ほんとにパブロじゃなかったら全く面白くない旅だったと思います。

 

パブロ以外のドライバーは基本携帯触ってばっかりだったのにたいして

パブロはポイントに着くと我先に写真を撮ってくれと

まるで子供のようなはしゃぎよう。

恐らく彼も初めてのツアーだったのだと思います。

じゃなければこんなに楽しめる彼を心から尊敬します。

 

 

ともあれ

体力的にはかなりしんどいツアーでしたが

参加して心から良かったと思います

 

もう一回はいいけど。。。

 

 

みんなと別れ僕はホステルを探し町をブラブラ。

 

値段も良さげなホステルを見つけチェックインすると

ロビーに二人の日本人が。

 

このあとこの二人とウユニ塩湖サンセットツアーに行くのですが

その記事はまた次回。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます

また最後にクリックをしていただけると次回への励みになります

別サイトへとジャンプしますがワンクリック詐欺などではございませんし

クリックしていただいた方に金銭的負担がかかるようなこともございません。

僕の単なる自己満です笑

 

またこのブログのご意見ご感想は随時受け付けております

lee444soo@gmail.com

までいつでもメールください

 

 

ウユニ塩湖

噂以上

最高でした

 

 

次回乞うご期待

 

さらば

 

よんす。

アタカマ発ボリビア抜けツアー 前編 の巻

 

 

みなさんこんばんわ

よんす。です

 

 

リアルタイムは12日夜の7時

ボリビアのウユニという町にいます

 

 

 

ウユニという町は近年のウユニ塩湖人気により多くの人が訪れるようになりました

 

南米を訪れるバックパッカーは必ずと言っていいほど来るとこですし

僕も長年この場所に来ることを夢に見ていました

 

 

ですがこのウユニ

たどり着くための道はすこし過酷でした

 

今日はそのお話を。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

今日も応援クリックよろしくお願いします

 みなさんのクリックで僕をランキング上位へと押し上げてください

 

 

 

 

合計で約二か月滞在したサンティアゴに別れを告げた僕は

二度目のアタカマ砂漠があるサンペドロアタカマを目指すことにします

 

 

ほんとのほんとに姪っ子甥っ子ロスです

冗談抜きで寝る前と起きてすぐ写真見てます

暇あれば写真みてます

 

 

 

 

 

なぜアタカマを目指すかというと

アタカマには次の目的地であるボリビア ウユニに抜ける

ツアーがあるのです

 

ウユニまでは北上コースと南下コースがありますが

チリから北上する人は大体このツアーに参加すると思います

 

 

アタカマまでは

 

バスで7000円ぐらいで20何時間

飛行機で12000円で2時間

 

みなさんがバックパッカーだとしたらどっちにしますか?

 

僕は時間優先で行きました。

 

差額が100ドルとかなら時間かかっても安いほうを選びますが

50ドルならね。

大人だしね笑

 

 

 

二回目のアタカマには一切の感動なんてなく

さっさとツアー会社を決めてさっさと脱出することしか頭にありませんでした

 

到着してすぐにツアー会社を回り

内容と金額で会社を決定

 

アタカマには多くのツアー会社があるので探すのに苦労はしません

 

 

内容は二泊三日でウユニを目指すツアー。

二泊のホステル

3朝ごはん3昼ごはん2夜ごはん

移動費が含まれ

85000ペソ。

日本円で1万3千円ぐらい??

なかなかのナイスプライスでした

 

 

他のツアー会社も同じような値段と内容なので

対応してくれたスタッフがいかにタイプに近いかどうかで決めればいいと思います

 

 

 

出発の日の集合時間は7時半

時間通りに着いていた僕を嘲笑うかのようにバンは8時に来ました

この時期のアタカマってめっちゃ寒くて30分外で待つのは中々辛かったです。

 

無事にメンバー全員のピックアップを終え一同はチリのイミグレに向かいます

 

ここで2泊3日を共に過ごし、もはやその絆は家族レベルに達したメンバーを紹介します

 

アメリカ人女性 ケリー

フランス人男性 名前は覚えてません

マダガスカル人女性 名前長くて覚える気無し

上二人の娘7歳 エレナ

息子3歳    アレクサンドロ

ドライバー ボリビア人 ペドロ

の7人です

 

 

このツアー

なんといっても楽しみなのが

見ず知らずのメンバーと二泊三日を共にすることで

非常に貴重な時間を過ごすことが出来るのです

 

 

僕もメンバーにはかなり期待していました。

まさかの家族同伴。

 

 

でも

ちびっこが苦手ではない僕なのでなんとかいけるでしょう

 

 

一同は無事に国境を越えてボリビアインします

9か国目ボリビアです

 

 

ツアー初日

 

宿泊予定のホステルまでに

いくつかのポイントを通過しますが

なんせこのツアーで通るルートは基本的に標高が高め。

マックスで5900メートルとか??

平均も4000ぐらいらしいので道中高山病になる人が続出するらしいです

 

僕は軽い頭痛で済んだのですが

ひどい人は病院に直行とからしいです。

強くてよかった

 

道中立ち寄ったポイントを紹介したと思います

 

f:id:lee444soo333:20170512090413j:plain

ラグーナブランコ(白い湖)

名の通り水が白く見える湖。

 

f:id:lee444soo333:20170513005747j:plain

ラグーナベルデ(緑の湖)

名の通り水が緑に見える湖。

 

f:id:lee444soo333:20170513010048j:plain

フラミンゴが沢山生息している湖(名前忘れた)

大量の野生のフラミンゴに少し感動。

 

f:id:lee444soo333:20170513010339j:plain

3歳のアレクサンドロ 

もう車内でうんざりするぐらい彼の歌を聞かされました

そして全くといっていいほど言うことを聞きません

それにたいしてマダガカスカルママも放置プレイ

フランスパパは写真に夢中

教育の文化の違いなのでしょうが

あんまりにも言うこと聞かんし両親も何も言わないので少しイライラしました

 

f:id:lee444soo333:20170513010539j:plain

7歳のエレナ

めっちゃ可愛い。

寝る前はほっぺにキスしてくれてちょっとドキッとしてしまいました笑

 

f:id:lee444soo333:20170513011010j:plain

コパデムンド(直訳でワールドカップ)

感想 こじつけもいいとこ。

真ん中でちゃっかりポーズ決めてるのが僕です

ドライバーのペドロの激推しに負けてポーズしちゃいました

 

ってゆうかこのツアー

ペドロじゃなかったら100倍はおもんなかったと思います

 

f:id:lee444soo333:20170513011448j:plain

温泉

僕は水着を持っていなくて入らなかったのですが

持ってたとしても入らなかったと思います

なぜならぬるいから

欧米人は喜んでキャッキャキャッキャ言ってました

 

 

今日の宿泊地はなんとかっていう村

この村が強烈に冷える。

体感は氷点下ぐらい寒いのに

部屋の暖房無し

シャワー無し。

部屋はベッドが6っつ並べられただけ

 

 

修学旅行気分で楽しいは楽しかったんですけど

アレクサンドロが夜ぐずってあまり眠れなかったので

次の日の朝は死ぬほどしんどかったです

 

2日目も移動が中心で一気にウユニまで行きます

何か所か絶景ポイントや奇妙な岩のあるポイントに行ったのですが

昨日眠れなかったので疲れているのと

もうおんなじ様な景色なので少し飽きてました

 

とそこへケリーが

「同じような景色ばっかりで少し飽きた。早く目的地に行きたい」と

まさかの冷え切った発言。

こんな冷めたこと思ってるのは僕だけだと思っていたので少し嬉しかった笑

 

 

そして家族がめちゃくちゃマイペースなので

僕らのグループだけ異常に時間がかかりました。

 

 

この日の宿泊地は塩のホステル。

f:id:lee444soo333:20170513011936j:plain

なんとホステルそのものが塩で出来てるらしいです

ちょっと憧れてただけにテンションもあがります。

f:id:lee444soo333:20170513012057j:plain

しかもこの日は家族は別の部屋に泊まるらしいのでケリーと二人っきり。

むふふふふふ。

妄想が膨らみます。

 

そして最後の晩餐。

なんとこの日はワインが食事に含まれているというサービスの良さ。

基本的にツアーの食事のクオリティーは高いし量も多いので

食事には大満足です。

 

 

「もう明日になったらお別れか」

とケリーがぽつりともらします。

 

すごく寂しくなりましたが旅に別れはつきもの。

 

でも僕は一刻も早く一人になりたい気持ちでいっぱいでした。

 

なんせマダガスカルママがすごいうっとしいのです笑

なんていうんでしょう

生理的に無理的な笑

すーごいいい人やったんですけどね笑

 

食事をしながらケリーと

今までの人生

これからのこと

アメリカのこと

日本のこと

旅のこと

いろんな話をして

僕の英語レベルは幼稚園レベルですが

それでもすごい親身に聞いてくれて

それでいてすごい分かりやすく話してくれて

なんていうか

 

好きです。

 

明日でお別れですがこれからのルートが似ているので

どこかで再会するでしょう。

その時までに少しでも英会話力をつけて

ケリーに思いを伝えようと思います

 

 

 

話終えて部屋に戻り

お互いすごく疲れているのですぐに寝ました

 

 

っていうか疲れのせいか

ケリー確実に昨日に比べて老けてます笑

 

 

明日はいよいよウユニイン。

そのために今日はしっかり寝ておこう。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます

また最後にクリックをしていただけると大変励みになります

別サイトへとジャンプしますがワンクリック詐欺などではございませんし

クリックしていただいた方に金銭的負担がかかるようなこともございません。

僕の単なる自己満です笑

 

またこのブログのご意見ご感想は随時受け付けております

lee444soo@gmail.com

までいつでもメールください

 

 

 

南米もあと少し。

思い残しの無いように楽しんでいこうと思います。

 

 

じゃまた

 

よんす。