読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんす。の旅。

野球一筋20年。ユニホームを脱いだ次はバックパックを背負い旅に出ます。

社会人野球について

 

みなさんこんにちは

 

よんすです。

 

リアルタイムはチリ・サンティアゴにいます

 

毎日暑いです。

記録的な山火事に見舞われていますが

僕が滞在しているところはいつもと変わらない日々を送っています。

 

 

 

今日は僕が4年間という、業界の中では比較的短い時間ですが

所属をさせていただいていた 社会人野球 について

すこしご紹介したいと思います。

 

 

~概要~

 

みなさんは野球界に社会人野球という世界が存在していることはご存知ですか?

少し年配の方は「ノンプロ」とか「実業団」とかのほうが聞き馴染みがあるかもしれません。

「ノンプロ」も「実業団」も「社会人野球」も

プロではありません

でも野球が業務として含まれています

通常業務もしながら、会社の野球部に所属し練習や試合も業務に含まれている。ということです。

 

それぞれもう少し詳しく説明しますと

 

「ノンプロ」 non professional の略。

職業的、専門的でないこと。選手が職業でないことを指します。

 

「実業団」  最近こそ不景気で企業スポーツは衰退気味ですが、景気が良いころは企業スポーツがとても盛り上がっていたと聞きます。

その中で企業や、組合の従業員で構成されるスポーツチーム と定義されています。

近年ではチームの母体が特定の企業であることから「企業スポーツ」と表現されることが多いです。

       

僕でさえ実業団という言葉は聞き馴染みは薄いです。

でも昭和期のアマチュアスポーツ界をけん引したチーム体系です。

なので、少し年配の方だと社会人野球=実業団 となるわけですね。

 

「社会人野球」 野球競技において、チームの構成員が一般社会人である場合に用いられ、

 

「企業チーム」、「地域密着型のクラブチーム」とありますが基本的には企業が所有している野球部って認識で大丈夫です。

 

こうして見てみると

実業団=社会人野球 で問題ないですし、時代背景によって呼び方が変わりますね。

 

ノンプロはそのまま選手のステータスを指します。

 

お分かりいただけますか?

 

つまり僕はノンプロ選手で企業の野球部に所属していたってことです。

 

~歴史~

社会人野球の歴史は意外と長くチームによっては100年近く歴史があるところもあるそうです。

ちなみに僕が所属していたチームは50年ぐらいの歴史があります

あんまり興味ないので正確には覚えていませんが笑

 

高校野球に甲子園という全国大会があるように

社会人野球にも都市対抗野球大会という全国大会があります。

都市対抗野球大会は現在は東京ドームで行われ

それ以前は前身である後楽園球場で開催されていました

 

なぜ都市対抗野球大会って呼ぶの?

と疑問に思った方もいらっしゃると思います

思わなかった人はそのまま読み続けてください笑

 

それには社会人野球が持つ独特の意義が背景にあるからです

 

 

メジャーリーグはみなさんご存知だと思いますが

メジャーってアメリカ全国にあるじゃないですか?

日本のプロ野球も全国にありますが

最大の違いは地元のチームを応援する人の数の違いなんです

日本はカープ女子とかハム子とか

大阪に巨人ファンがいたり、東京に阪神ファンがいたりしますよね

でもメジャーって自分の地元のチームを応援する人が圧倒的に多いんですよ

 

社会人野球もそういう文化をモデルにしていて

 

大会参加チームを各都市代表として

都市と都市を対抗とさせて

日本各地域、各都市が企業を通して一体となり

社会人野球を通して日本がひとつになることを目的としているからです。

 

 

社会人野球の魅力をはよく

おっさんの甲子園

と表現されます。

 

みなさんは高校野球が未だになぜあれほどの人気を誇っていると思いますか?

純粋に必死にボールを追いかける姿が見る人に感動を与えるからだと僕は思います

 

それが大学生、プロではどうでしょう。

大学生はまだまだ部活動間が拭えませんし

プロは個人技でお金を稼ぐ世界です

 

高校野球ほど必死にはボールを追いかけてはいないでしょう

 

社会人野球は一味違います

負けたら終わりの一発勝負の世界です

少しの妥協も許されない世界です。

はっきり言って僕からしたら(こんなん言ったら炎上とかするんかな笑)

高校生はやはり技術の面でも精神の面でもまだまだ発展途上の子が多いです

 

つまり下手くそってことです

 

社会人まで野球を続けている選手はどの選手も技術はプロと遜色ありません

そんな高い技術を持つ選手が必死に勝ちに拘って試合をするわけですから面白くないわけがありません

 

プロの試合で内野ゴロでファーストにヘットスラディングする選手なんて滅多に見ないですよね?

 

社会人では当たり前のプレーです

近年では社会人からプロに入って一年目から活躍する選手も少なくありません

つまり社会人野球はプロに近い技術レベルなのです。

 

技術レベルはプロに近く必死レベルは野球界一といっても過言ではないと思います。

 

 

しかし残念ながら知名度はそこまで高くありません。

このブログで初めて社会人野球を知ったという人もいらっしゃると思います。

 

マニアックな世界です。

 だからこそ面白さがあるんですけどね

 

 

僕個人としては社会人野球の知名度はもっと高くあるべきだと思います。

高校野球の甲子園が全試合放送されるのに対して

社会人野球はせいぜい全国大会の準決勝からBSレベルです。

 

これは社会人野球界全体としての課題だと思います。

社会人野球界内だけの自己満足ではこの先発展は望めません

不透明な経済の中、企業スポーツは衰退していく一方でしょう

 

それは社会人野球ファン、選手、元選手にとって非常につらいことです

 

僕もこうしてブログを書くことで少しでも知名度が上がればなと思ってます。

 

 

また、社会人野球はプロと違って成績によって給料が変わるようなことはありません

 

極端にいうと勝つことでお金になるわけではありませんし、有名になるわけでもありません。

 

それでも野球を愛する気持ちで厳しい練習に耐えて

たった5試合の為に汗と涙を流すんです

 

それも大の大人が!!

 

丸刈りの高校球児ほどキラキラはして見えないかもしれませんが、

大人が本気になってる姿は美しいですし、かっこいいんですよ。

見ていて鳥肌立つんですよ。

 

最近ではプロ野球観戦がデートになってるらしいですけど

僕からしたら社会人野球観戦のほうが断然おもしろいですし

確実にアツいものを感じるでしょう

確かに甲子園の阪神戦は面白いけど

 

 

どうですか?

社会人野球観たくなってきたでしょ?笑

僕が所属していたチームもなかなか泥臭い野球をするかっこいいチームなんですよ

 

地方大会は全国で行われてますし

全国大会は前途の東京ドームに加え、大阪ドームでも行われます

是非、機会がありましたら球場に足をお運びいただき

その魅力、熱気を肌で感じていただけたらと思います。

 

 

社会人野球めっちゃアツいやん!!

もっと詳しく知りたい!!

って方は

是非

lee444soo@gmail.com

までメールください

詳しいスケジュールやチーム情報などのシェアをさせていただきますので

 

ここだけの話社会人野球は応援席ですと入場料がかからないのです

 

 

行かない手はないですよね笑

 

 

2017年は社会人野球がさらに発展することを願います

 

 

 

かなり長い文章になってしまいましたが最後までお読みいただきましてありがとうございました

このブログへのご意見ご感想は上記のアドレスまでメールいただければと思います

 

またコメントいただけると大変励みになります笑

 

いつもブログにイイネやシェアしてくださっている方もありがとうございます

 

それではまた次の記事でお会いしましょう

よんす。