読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんす。の旅。

野球一筋20年。ユニホームを脱いだ次はバックパックを背負い旅に出ます。

伝えたいこと (長文)の巻

Columbia

 

 

みなさんこんばんは

よんすです。

 

 

今日はリアルタイムの記事を書こうと思います

3月20日 夜10時です

 

コロンビア メデジンにいます

 

 

なんで今日はリアルタイムの記事なのかというと

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

とりあえずクリックお願いします笑

 

前回のブログですがタイトルを書き忘れるという大失態を犯してしまい

ブログランキング84位に下がっちゃいました笑

 

今週は頑張って書いていこうと思いますので

是非クリックお願いします

 

 

 

さて

 

今日は真面目というか

なんというか

ブログに書いていいのかどうか

迷いましたが多くの方に知っておいておしいことがあるので書きます

 

 

 

みなさんはコロンビア メデジン と聞くと何が思い浮かびますか?

 

僕の大好きなアーティストSHAKIRA?

f:id:lee444soo333:20170321121857j:plain

 

それとも2014ワールドカップで日本を置き去りにした

ハメスロドリゲス?

f:id:lee444soo333:20170321121933j:plain

うーむ

イケメン

 

実際メデジンの町中にはこの二人クラスの美男美女がうじゃうじゃいます

これまじで

 

 

違う違う

今日はそんなんちゃうねん

 

 

あれは去年の11月に遡ります

 

僕は退社を控え、お世話になった先輩のお家にお呼ばれしまして

送別会(O野さん送別会でいいですか?笑)

を開いていただきました

 

そこで

僕来年世界一周をするんです

って話をしていて

ちょうど南米の治安の話をしていたときです

 

テレビからあるニュースが流れました

 

「日本人大学生 コロンビアメデジンで殺害される」

 

 

 

その場にいた全員が言葉を失いました。

 

 

 

あまりにも衝撃的でした

それまで勢いで準備していたぼくは本気で「世界一周」を考え直しました

 

そしておそらくその場にいた僕以外の人たちも心の中では

「いやいや こんなニュース見たら俺やったら絶対行くのやめるわ」

と思っていたかもしれません

 

実際僕もやめとこかなって考えましたもん

 

 

 

ですが実際に僕は日本を出発しました

 

そして今日

実際に事件があった現場に行ってきました。

 

 

たまたま事件があった場所から僕が滞在しているホステルが近かったのと

たまたまメデジンに在住している日本人の方と知り合うことが出来て

ご一緒してくれることになったこと

 

 

様々な要素がかみ合って現場に行くことが出来ました。

 

 

 

ほんとにどこまで書いていいのかわからないので難しいのですが

 

 

事件のあった公園に行ってみてまず思ったのが

 

「え?ここで?」

っていうのが正直な感想です

 

僕が滞在しているエリアの治安は悪くもなく

完全に安全というわけでもないそうです

 

 

ですが駅周辺、町中には警察は多く

歩いてみても

公園に行っても

事件があったことが信じられないぐらい閑静な住宅街です

 

 

様々な情報がネットにありますが

事件の真相は

日本人学生の方はその日にメデジンに到着し

宿にチェックインし

少し買い出しのため外出したそうです

お昼過ぎということで外は明るいです

 

ウエストポーチにお金、携帯、パスポート

を入れていたそうです

 

携帯を触りながら歩いていたんでしょうか

(この時の情報はほんとに本人と犯人にしかわかりません)

後ろから19歳の少年二人が近づいてきて

ウエストポーチをひったくったそうです

 

一瞬のできごとで何が起こったのか把握するのに時間がかかり

気づいてから日本人大学生は犯人を追いかけたそうです

 

そして犯人も追いかけてこられるとは思っていなかったのか

焦って転び、その間に日本人大学生は犯人に追いつき

もみ合いになったそうです

 

それを見た二人組のもう一人のほうが近くに駆け寄り

こめかみと喉に発砲しました

 

 

即死

だったそうです

 

 

 

 

 

報道ではタブレットが奪われただの

携帯が奪われただの

ありますが

実際にポーチから無くなっていたのは

財布とパスポートだったそうです

 

そして公園のそばの建物ではダンス大会が行われていたらしく

人通りが全くなかったわけではなかったそうです

 

 

 

犯人も初めから銃を出して強盗をしたのではなく

ひったくりをしたってことは

強盗をできる状況ではなかったってことです

 

 

 

 

 

この事件に対して

「犯人を追いかけるなんて絶対やってはいけないことなのに」

とか

「外で携帯を触ることは強盗にどうぞ持って行ってくださいっていってるようなもの」

とか

「運が悪かった」

とか

誰がどの目線で言ってんねん

って思うようなコメントを見かけます

 

 

僕はこの事件について何か自分のコメントをしようと思いませんし

コメントについてコメントしようとも思ってません

 

 

 

ここで言いたいことというのは

 

 

生と死

 

 

人って絶対死にます

 

去年地元の忘年会である友達がこんなことをポロッと言いました

 

「いつかわからんけど確実にこの中の誰かの死に目には合うねんな」

 

その時は

おいおい!その話まだ早いやろ!!

とか言って笑ってたんですけど

 

今日悟りました

 

 

突然やってくる

 

それも来るときは向こうから

気づかない速さで

 

 

 

ボゴタで出会ったフランス人女性と話していて

仕事と働き方の話になりました

そのときに日本人の働き方を話したところ

「なんでそんなに働くの?

 人生>仕事じゃないの?

 人生<仕事なの?

 人生一回きりなのになんてもったいない!」

と本気でびっくりされました

 

僕は

「日本という国は少し特殊な国で

 そういう風に働くことで国が保たれるし

 多くの恩恵も受けているんです」

 

って伝わったかわからないですけど一生懸命英語で伝えました

 

 

以前にもちらっと書きましたが

ほんとに人生はあっという間に過ぎていくと思います

 

 

だって俺もう27歳やもん!

ほんまに心は中二、中三で止まってるのに!

 

 

人それぞれどんな人生を過ごし

どんなことに幸せを感じるか

それは様々です

 

仕事を達成することで幸せを感じている方はそのまま幸せを感じ続けてほしいと思います

 

ですがもし

何かに我慢して仕事していたり

何かに耐えながら毎日を送っている人がいるとしたら

 

はっきり言わせてもらいます

 

時間の無駄

 

その先に何がありますか?

先を見据え

忍耐、我慢

は昔の日本が作った古き伝統です

 

だってそっちのほうが扱いやすいし

国を運営して行くうえでやりやすいもん

 

でもね

 

ほんとに

死ぬときは一瞬ですよ

 

 

 

毎日生きてることに感謝しましょう

 

 

よく聞く言葉です

 

実際僕も日本を離れて

今日何が起こるかわからない南米にいて

毎日生きることに感謝したいです

 

ですが

 

毎日毎日

今日も生きてる!感謝しよう!

なんて思ってたら逆にしんどいです

 

 

明日死んでも後悔しやんように今日を生きよう!

なんて毎日思ってたら逆に楽しくないです

 

生きるのも常

死ぬのも常

 

 

 

なにが言いたいかって

なにが言いたいんでしょうね

 

 

今日

同じように旅していた人に

突然訪れた死に触れたことで

僕の中の生が大きくなって

 

生きる

 

ってことを少しだけ深いところで考えれるようになったのかもしれません

 

 

 

 

結局他人事やん

って思われる方もいるかもしれません

そうかもしれません

他人事やからこうして勝手に考えることが出来るし

自分に訪れたら

それこそ

その時は

やからね

 

 

でもね

 

思っとけ

 

そんなんちゃうねん

言いたいんもそんなんちゃうし

お前に思ってほしいこともそんなんちゃうねん

 

 

心から

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

 

 

 

言いたいことはもうひとつあります

(あと少しだけお付き合いを)

 

 

ぼく

南米にきてもうすぐ3か月たちます

 

 

南米は全体的に治安が悪いとされてます

さすがにベネズエラは行けませんでしたが

アルゼンチン ブエノスアイレス

ブラジル サンパウロ リオ

コロンビア ボゴタ メデジン

 

と回ってきました

 

治安の悪さは肌で感じました

 

そして今のところトラブルにはあっていません

 

基本的に外では絶対IPHONEは触りませんし

町を歩くときは1ブロックごとに警察がいれば警察

いなかったら民間人最低でも二人に

この先は歩けますか?危ないですか?

って聞きます

人がいないとこは基本的に歩きません

声かけてくる人は基本無視

 

そこまで?

って思うかもしれませんが

多分まだ足りないでしょう

 

 

よく旅人に危ない目にあったことや

トラブルにあったことを武勇伝のごとく話したり

旅にトラブルはつきもの

むしろトラブルで旅は色濃くなる

的なよくわからん精神が蔓延しているように感じますが

 

僕は絶対にトラブルに合いたくないです

合わないように気をつけます

 

 

もしこれからどこかに行く予定で

トラブルをほしがっている人がいたとしたら

死にたくなかったら安全第一で行動するよう心がけてほしいと思います

 

僕てきに

日本は世界で一番安全な国と思うのと同時に

日本人は世界で一番弱い国民だと思います

 

海外来たら秒殺です

 

まじで

 

瞬殺

 

 

もっかい言っときますけど

死にたくなかったら

安全に100の神経を使って旅しましょう

 

あなたのそのよくわからない好奇心は

ぜんぜん面白くないですし

ぼくからしたら

ただのあほ

日本人の評判をさげるだけ

 

 

旅は自己責任?

全部自分の問題?

そんなわけないでしょ

 

 

自分を心配してくれたり

自分を考えてくれる人は確実にいるんです

 

そういう人たちに対してこそ責任を持つべきだと思います

 

くれぐれも!軽はずみなことはやめるように!

 

 

それと

もうひとつ

 

 

南米大陸

 

旅立つ前に抱いていたイメージと大きく変わりました

 

確かにまだまだ治安には課題がもりだくさんです

 

入ってはいけない地域

歩いては行けない時間

その他ルールが多くあります

 

 

でもね

それは世界どこでも一緒

 

大阪だって

金持ってそうなカッコで西成行ってみてください

ボッコボコにされますからね

 

 

少し割合が多いだけの話なんですよね

 

 

やっぱり気をつけてたら防げることはあるし

 

それ以上に南米大陸は素晴らしいことが多いです

 

 

なにがというと

書き出したら更に長くなるので割愛しますが

確実に日本にないものが多くあります

 

それも目に見えない部分で

 

 

日本は少し、目に見るものに拘りすぎてるのかもしれません

 

 

これからの日本と南米諸国

どっちがより発展するか

 

侮れませんよ

 

 

ほんとに楽しい大陸です

大陸レベルで自殺する人多分いません

 

そして

マス、ソーシャル両メディアともあてにし過ぎたら事実が見えなくなります

情報は自分の足で集めてこそ本物の情報が手に入るんです

 

画面越し、紙面越しの誰がどうやって集めたかもわからない情報に

どうか踊らされないでください

そしてネットで見た情報を

さも自分の情報かのごとく

他人に晒してイキるのはとてもカッコ悪いのでやめたほうがいいです

 

 

 

 

 

あなたも勇気を出して

有休2週間ぐらい申請して

南米に遊びにいってください

 

1か月がんばったら

2週間遊んだ分なんて取り返せるでしょ笑

 

ぐらい

楽にいこうぜ!

 

 

 

そうゆうことです

ほんとに長くなりました

 

じゃ、ぼくこれからメデジンに花嫁候補探しに行くので笑

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

ここまで読んでくれてんから

クリックぐらい容易いもんでしょ?笑

 

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました

このブログのご意見ご感想は随時受け付けております

lee444soo@gmail.com

までいつでもメールください

 

 

それではまた

 

よんす。