読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんす。の旅。

野球一筋20年。ユニホームを脱いだ次はバックパックを背負い旅に出ます。

メデジンで出会った愛すべき兄貴たち の巻

 

 

みなさんこんばんわ

よんす。です

 

 

リアルタイムは26日午後10時です

 

サンティアゴはここ数日地震が頻発しています。

2010年のチリ大地震があってからチリ人は地震にとっても敏感。

チリ外から来た移民は初体験の地震に大騒ぎ。

 

なかなか揺れますが

被害といえばマンションのエレベーターが止まったので

姪っ子抱えて10階まで登ったぐらいです

 

 ご安心を。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

クリックも楽しんですることで苦にならないはず笑

 

 

 

今日はメデジンで出会った文字通り ”ぶっ飛んだ” 兄貴 のお話です

 

 

 

メデジンには現在は休業していますが

日本人宿があります

また

メデジンで日本語を教えていらっしゃる日本人の方がおられ

基本的にメデジンに訪れる日本人は必ずと言っていいほど

どちらかの方にはお世話になっています

 

僕も日本語講師のカオリさんという方とご縁がありお会いすることができて

いろんなお話を聞いたり

多くのコロンビア人と交流することが出来ました

 

コロンビア人だけでなくカオリさんのところでお世話になっている

日本人の方にもお会いしたんですがこの二人がなかなか面白い!!

 

 

この二人はツボが合うというか

むねの高鳴りが共鳴したというか

話が弾みました。

 

 

福岡から来たという二人組。

幼いころからの幼馴染らしく

常に独りぼっちで旅をしている僕からしたらすっごいうらやましいです笑

 

この二人の旅はノープランらしく

メデジンにもいつまで滞在するか決まってないらしいのですが

僕がメデジンに滞在していた間は一緒に行動することが多かったです

 

 

ある日週末にディスコいかへん?という話になり

(コロンビアではクラブをディスコといいます)

そのほかにもこっちで知り合った何人かでクラブに行くことになりました

 

 

週末ということでクラブ内、外、ってゆうか辺り一帯人で溢れてます

 

でも案外恐怖感はあんまり感じなくて結構ピースな雰囲気。

 

もちろんはっぱさんの臭いはプンプンしますが。

 

 

南米のクラブは純粋に踊りを楽しみに来てる人ばっかりで

すごいのが永遠と踊り続けることです

 

いつ休憩してんの?って思うぐらい踊り続けます

 

しかもみんなダンスがお上手。

 

 

僕たちグループはダンスもそこそこに

お酒のほうを楽しむことになりました

 

思えば必然的にそうなったのでしょう

 

この二人組、九州出身だからかなのかどうかは分かりませんが

お酒がとっても大好きだそうです

 

日本にいたころは昼から飲み始めて二人で芋焼酎2升とか空けるらしいです

 

多くの酒飲みに出会ってきましたがこの二人なかなかのツワモノです

 

 

この日飲んだのはコロンビアのお酒

 

f:id:lee444soo333:20170425014119j:plain

その名も アンティオケーニョ

サトウキビの蒸留酒で度数は29度

 

なかなかホットな酒である

 

 

 

で、これをどうやって飲んだのかというと

一緒に行ったグループに数名女性もいたので

楽しくゲームでもしながら飲むのかなと思いきや

 

「じゃーんけーんほい」

 

まさかのゲーム じゃんけん。

 

 

数々の酒飲みに出会ってきましたが

じゃんけんの勝ち負けで一気をしようと言い出す人はあとにもさきにもこの人達だけでしょう

いや

そうであってほしい

 

しかもひいたのが地元でサシ飲みするときもこの飲み方するらしいです。

笑いを通り越して僕には理解不能でした笑

 

千鳥のノブがいたらすかさずこうツッコむでしょう

 

「ただアルコールだけはいりゃええ人か」と

 

 

ただじゃんけんして飲む。

それをひたすら繰り返すのでペースが尋常じゃありません。

一緒に来た女の子たちみんな普通に顔に出してひいてました笑

なんなら隣のテーブルにいた現地の人もひいてました笑

「そんな飲み方する人は始めて見たわ!」って。

 

やっぱそうですよね!!

 

5分ぐらいで一本空けて追加の注文を頼んだあのスタッフの驚いた顔

きっと忘れることはないでしょう

 

今考えると(今考えなくても)すごいもったいない飲み方でしたが

 

 

時間が進むと当然ベロベロです。

しかも気づいたら僕と兄貴二人を残してみんな帰ってます

 

ここからが大変。

 

僕はこの日なぜかあまり酔わず、割と普通だったんですけど

兄貴の一人はグロッキーで一歩も動けず。

そしてもう一人はひたすら下ネタを連発。

 

なんとかクラブからは出れたんですけど

そこで一人がついに力尽き道路の真ん中でぐったり。。

 

僕らからしたら単に潰れただけなんですけど

多分コロンビア人にはこんな酔い方親しみがなく

すごい数の人たちが心配して声をかけてきます

 

「おい!大丈夫か?」

とか

「早く病院に行ったほうがいいぞ」

とか

「救急車呼ぼうか?」

とか。

 

僕はひたすら

「ありがとう。大丈夫。」

と言いますが(ってゆうかそれしか言えない)

「なにが大丈夫なんだ!」

「はやく手当てしないと死んでしまうぞ!」

とか

すごいブチ切れされます。

 

うわー

これは一刻も早くこの場を離れたほうがいいな

 

もう一人を探すと

なんと

 

取り巻き達とお喋り。

 

 

いやいやあなたのお連れさんこんなんなってますよ!

 

なんやったら今日のこのエリアのビッグニュースですよ!

 

現地の人たちは増える一方。

「なんで友達がこんな状態なのになにもしてやらないんだ」

とか

「早くなんとかしろよ!」

とか。

 

多分ドラッグでこうなったと思われたんでしょうね

 

単に酔いつぶれただけやのに

 

 

タクシーをひろおうにも横たわる兄貴を見て

乗車拒否笑笑

 

UBERをよぼうにもWifiがないため出来ず。

 

 

そして最悪の事態。

 

 

警察官登場。

救急車出動。

 

誰かが通報しやがった

 

やばい

もし搬送されたら確実に面倒なことになる。

 

ぼくは警察と救急隊に

「大丈夫大丈夫 UBERで帰れるから!!」

と帰るよう促す

 

すると

あっさり帰る警察と救急隊笑

 

仕事やる気はありません

 

 

心配したBARのおばさんが声をかけてくれてWifiを使わせてくれて

UBERを呼んでなんとか無事に家路につけました。

 

 

 

みなさん

南米で酔いつぶれることは非常に危険なことです

くれぐれもお酒はほどほどに。

 

しかも

道端で介抱してるときに売人に声かけられましたからね笑

「へーいマイフレンド ハッパ安いよー 買わないか?」

僕はそれどころじゃなかったのですが

兄貴のひとりが

 

「いくら?」

 

えっ

この人この状況で買う気??

 

確か一本1.5ドルぐらいだったのですが

「高い!!

 向こうに1ドルしないやつあるよ!」

と値段交渉をし始める始末。

 

恐らくこのとき安かったら買う気でした笑

 

良い子はマネしちゃだめだよ笑

 

 

 

そんなこんなでしたがとっても楽しい夜を過ごすことが出来ました。

 

 

 

兄貴たちはコロンビアの後は中米に入るらしく

すっごい一緒に中米旅したかったんですが僕は南下しなくてはいけないので断念。

 

大阪飛田新地か福岡の中州での再開を誓ってお別れしました。

 

 

メデジンの日々はもう少し続きます。。

 f:id:lee444soo333:20170426101847j:image

その日の様子

伝わるかなー

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

クリックをどうぞよろしくお願いします

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました

また、いつもシェアやコメントもありがとうございます

このブログのご意見ご感想は随時受け付けております

lee444soo@gmai.com

までいつでもメールくださいませ。

 

 

気づけば5月ですね

誰からも連絡なかったので一人でイースター島行くことにします

 

日本では今年も新入社員が世間をにぎわせているようですね

 

みなさんも5月病には気をつけて。

 

それでは

 

 

よんす。