読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんす。の旅。

野球一筋20年。ユニホームを脱いだ次はバックパックを背負い旅に出ます。

絶海の孤島 前編 の巻

  

 

 

みなさんこんばんわ

よんす。です

 

 

リアルタイムは5日夜11時

イースター島からサンティアゴに帰ってきたばかりです

 

 

記憶が温かいうちにイースターのことをブログに書きたかったので早速書きます笑

ブログの続きのエクアドルは次回からにします笑

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 ブログランキングに参加しています

クリックよろしくお願いします

 

 

みなさんはなぜイースター島と呼ばれているかご存知でしょか?

イースター

東にあるからじゃないの?

って思う人もいると思いますが

この島そのものが発見されたのがイースター(復活祭)の日だったからだそうです

 

なんてゆうか

欧米の人の名づけのセンスというか

そのまんまというか

 

ちなみにスペイン語ではIsla de pascua といいます

ちなみにちなみに現地語では ラパヌイ。

 

スペイン語圏ではイースター島って言っても通じないのでご注意を。

 

 

このイースター島、国としてはチリなのですが

航空券が高いことでも有名です

 

それもそのはず

イースター島に来るには二通りの方法しかないのです

ひとつはチリ サンティアゴから

もうひとつはタヒチから

 

日本からパッケージ旅行とかで来るとしたらタヒチ経由になるので

何十万もするそうです

 

サンティアゴからこようにも日本からサンティアゴまでもアメリカ経由になるし

サンティアゴからイースターに就航している航空会社がLATAM航空しかないのです

 

そのため価格競争がないのです

 

なのでサンティアゴからも普通に8万とか10万とかします

 

なので旅人泣かせの島です

よくエクアドルガラパゴス

イースターどっちかしか行かないって旅人も多いのです

 

 

いわずもがな

今の僕に10万もの航空券を支払うほどの財力はありません笑

 

しかし兄の話によるとたまに2万円とかでチケットが売られるそうです

 

しかも5月はちょうどイースターのシーズンも落ち着き始めるころ。

粘り強く様々な航空チケットサイトとにらめっこしてました

 

 

結果的にいうと

 

 

3万のチケットを買うことが出来ました!!!

これはとってもラッキー!!!

7万浮くってことはもう途上国でひたすら贅沢できるからです笑

 

 

じゃあどうやって安くチケットを探したというと

 

 

SKY SCANNERの中の言語をスペイン語に変えたりとか

様々な工夫をして安く買う方法がインターネットで出回ってますが

ややこしいことはしてません

 

ただ単にLATAMの公式ホームページで買っただけ。

 

そのかわり安いチケットがあるときと全くないときがあります。

しかも支払いを窓口でしないといけません

 

なのでサンティアゴに滞在しつつ毎日チケットをチェックして安いチケットがあれば購入。即出発。

がおすすめです。

 

 

 

サンティアゴからイースターまでは飛行時間およそ6時間

 

機内は映画もあるし

バス20何時間も経験した今の僕には屁でもありません

エコノミーなので快適さで言うとバスの圧勝ですが笑

 

 

サンティアゴが冬に近づいているのに対して

イースターはまだまだ温かいです

グアムに近い天気かな?

グアム行ったことないけど

 

飛行機から降りるとポカポカ陽気がお出迎えしてくれます。

 

 

イースター島内にあるモアイはほとんどが国立公園内にあり

しかも島の何十パーセントが国立公園なのでチケットの購入が必須です。

 

そのチケット売り場も飛行機から降りてバッゲージクレームまでの間にあるという準備の良さ。

しかしチケットがビジター80ドルという財布への厳しさ。

チリ国民だと50ドルで買えるので是非チリ国籍を取得してからの来島をおすすめします

 

 

荷物を取ってゲートを出るとホステルスタッフのお迎え付き。

どうやらこのピックアップサービス、イースター島内のほとんどのホステルがやってるもよう。

空港からイースター島内唯一の村まで車で10分ほどの距離です。

 

イースター滞在中にお世話になることにしたホステル キャンピング ミヒノア

 

名前の通り

このホステルではテントで宿泊できるのです。

この聞いただけでワクワクするようなホステル行かない手はないですよね

 

しかも安いし。。。

 

 

これが実際のテント。

 

f:id:lee444soo333:20170506041924j:plain

やばくないですか?笑

わくわくしません?笑

 

しかも目の前は太平洋というロケーション。

f:id:lee444soo333:20170506042117j:plain

全室ならぬ全テントオーシャンビュー。

 

その代わりテント内は照明無し、電源無し、Wifi無し。

なんやったら島全体のWifiもほぼ無いといえます

 

 

こうゆうのなんだかとってもいい感じ。

 

 

 

荷物を置いてまず向かったのがレンタカー屋さん

 

なんせこの島は移動するにはバイクか車が必須。

中には自転車をレンタルしたり、ランニングで移動するという強者までいますが

時間がかかりすぎる&しんどい

のでタイムイズマネーということで僕は文明の利器に思いっきり甘えることにしました。

 

村までは海岸線沿いを歩きます。

f:id:lee444soo333:20170506042327j:plain

もうほんと景色が最高。

ほんとにこの素晴らしさを文字で伝えたい!!

でもこの素晴らしさをダイレクトで伝える言葉のボキャブラリーがありません笑

 

 

村までは20分ぐらいで着きました

 

早速レンタカー屋さんへ。

村内のレンタカー屋さんは4軒ぐらいあってしかも隣同士なので

普通は対応のいいお店で借りるのでしょうが

僕は店員さんが一番好みだったところにしました笑

 

 

そして借りたのは

 

f:id:lee444soo333:20170506042726j:plain

じゃじゃーーーーん!!!!

 バギー!!!!

 

イースター島をバギーで颯爽と走る。

これがやりたかったのよ。

 

 

f:id:lee444soo333:20170506051307j:plain

走行中のスナップ。

 

24時間というタイムリミットがある以上、1秒たりとも無駄にはできません

タイムイズマネー。

 

 

まず向かったのがラノ カウという火山口に湖のあるところ

もう文章いいですか?

写真でお届けします

 

f:id:lee444soo333:20170506044312j:plain

 

こんな感じでまるで「君の名は」の瀧君が三葉に出会うあの場所。

もしかしたら、と思い僕も三葉ちゃんを探しにいこうかと思いましたが

明らかに険しい道のりだったのと、立ち入り禁止の立札を見て断念しました。

 

 

ここからは村が一望できます

 

 

続いて向かったのがここ

 

f:id:lee444soo333:20170506044444j:plain

 

 

イースター島内のモアイで唯一目を持っている方。

f:id:lee444soo333:20170506044607j:plain

 

モアイの歴史とかイースター島の歴史についてはインターネットで探してもらえば山ほど出てきますが

一言でいうと

力の象徴。

 いつの時代も力って求められてきたんですね

 

 

念願の生モアイにしばらく、っていうか小一時間ばかり見とれてました。

 

またこの場所はサンセットスポットなのでサンセットの時間が近づくにつれて多くの人が集まってきます。

 

あいにくすーごい綺麗なサンセットは見れませんでしたがそれでもこの景色。

f:id:lee444soo333:20170506044722j:plain

一切の加工をしていません

 

っていうかそこに海とモアイがあるだけでそこは絶景へと変わります。

 

f:id:lee444soo333:20170506045803j:plain

これはちょっとカッコよく撮れたので笑

 

 

サンセットモアイを堪能した後は

そう

テント泊。

 

潮風のせいで体がベトベトするので

シャワーを浴びることに。

 

 

シャワーを浴びようと蛇口をひねる

水圧オッケー

がなかなかお湯が出ない。

OK OK

よくあるよくある

お湯が出るまでマジか!ってぐらい時間がかかるシャワーに幾度となく出会ってきた。

 

それでも待てど待てど一向に出てこない。

よし、こういう時の対処も経験済み。

水の勢いを限り無く弱めることでお湯が出るやつ。

そう

水圧orお湯

こういうタイプにも出会ってきた。

 

がしかし

まったくあったかくならない。

 

はてさて

 

ふと壁に目をやると

「当シャワーはソーラーエネルギーで動いてます エコにご協力を」

 

はっ

外はすでに真っ暗。

まさかサンセットの代償がお湯だったとは。

 

てかエコへの徹底ぶりがすごい。

環境を守るすなわち島を守るすなわち祖先を守る

もう素晴らしいとしか言えません。

 

今日は冷水で我慢して明日は陽のあるうちに浴びるようにしよう。

 

 

冷水シャワーで震え上がった僕を温かくしたのは目の前に広がる海でした。

目を閉じて波の音に耳を澄ませる。

最高のリラックスタイム。

 

 

するとなにやら足元でもぞもぞと気配が。

 

真っ暗の中目を凝らすと

それ以上に真っ黒い野犬。

 

普通に叫んじゃいました笑

だってめっちゃ怖いもん笑

暗闇でみる動物って死ぬほど怖くないですか?笑

 

 

何気なく空を見上げると澄んだ空に満点の星。

 

 

感動。

 

感謝。

 

伝わりますかね

この感動。

モアイ

 

ハワイでスカイダイビングしたとき以上に「地球」という星を感じました。

 あっさりげない自慢です

 

 

これは寝転ん見ようと思いホステル内の花壇みたいなところで寝そべろうとすると

これまたなにやらガサガサうごめく物体。

 

 

 

 

おGさん。

 

 

しかも大量。

 

泡吹いてぶっ倒れそうになりました。

 

森羅万象、あらゆるものを大切にする島なのでこやつも例外ではないのですが

それでも無理。

 

劇的に萎えてしまった気持ちを持ち直そうと

宿のスタッフに星鑑賞のおすすめ場所を聞きます

すると昼間にいったラノカウへ登れとのこと。

 

もう聞いた瞬間鳥肌立ちましたよ

 

 

今からあそこにバギーで?

この暗闇を?

死ぬほどワクワクしました。

 

すぐにエンジンをかけて出発。

 

道中は完全にナイトサファリ。

本当にバギー借りてよかったと思いました。

 

30分ほど夜道を走り丘の頂上で見る星空は圧巻。

 

今日ばっかりは月でさえ邪魔なくらい

 

新月の日だともっときれいな星空が見えたに違いません。

 

それでも十分満足した僕は再びバギーを走らせテントに戻り

明日の為に就寝。

 

 

あっ

お世辞にも寝心地いいとは言えませんでした笑

風の音とか波の音とかガンガン聞こえますからね笑

 

 

次の日以降は次回。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます

また最後にクリックをしていただけると大変励みになります

別サイトへとジャンプしますがワンクリック詐欺などではございませんし

クリックしていただいた方が金銭的負担になるようなこともございません。

僕の単なる自己満です笑

 

またこのブログのご意見ご感想は随時受け付けております

lee444soo@gmail.com

までいつでもメールください

 

 

GWも終盤ですね

楽しい連休を

 

 

それでは

 

よんす。